バンフートレーニングスクール Illustrator/Photoshop/InDesign/Web作成が学べるスクール

03-5229-8285

Adobeの資格を取ろう
ACA取得対策講座

ACAとは

Adobe Certified Associate

Adobe社が公認している資格試験があるのをご存知ですか?
アドビ認定アソシエイト(Adobe Certified Associate)という資格で、頭文字を取ってACAと呼ばれています。

この資格を取得することにより、Adobe IllustratorやPhotoshopの基本的な利用スキルを証明できます。

世界中のクリエイターが使っているアドビのアプリケーションの利用スキルを測るACAは、世界共通のグローバルな資格試験なので、認定されたスキルは世界で通用します。

すでにクリエイターの仕事に就いている方はスキルの確認に、これからクリエイターを目指す方は就転職に活用していていただけます。

>>ACA公式サイトへ<<

バンフーはアドビスクールパートナーです

バンフートレーニングスクールは、Adobe社から正式に認定を受けたアドビスクールパートナーです。

講習のカリキュラムはAdobeの審査を受けており、Adobe IllustratorやPhotoshopの正しい知識を身に着けていただくことができます。

また、バンフートレーニングスクールはACAの試験会場としても登録しており、講習で通いなれているスクールでそのまま受験していただくことが可能です。

Adobeソフトを優待価格で

この講座の受講生は、Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人版)を特別価格でご購入いただけます。

※ソフトのみの販売はおこなっておりません。
※ご購入の対象となるのはACA取得対策講座(イラストレーター)およびACA取得対策講座(フォトショップ)の受講生のみとなります。

講座紹介

ACAの試験には以下の3科目が用意されています。

試験科目 アプリケーション
Visual Design using Adobe® Photoshop CC Adobe Photoshop CC
Visual Communication using Adobe Photoshop CS6 Adobe Photoshop CS6
Graphic Design & Illustration Using Adobe Illustrator CC Adobe Illustrator CC

バンフートレーニングスクールでは、Photoshop CCおよびIllustrator CCの受験を目指す方のための対策講座をご用意いたしております。受験を目指す方はぜひご活用ください。

ACA取得対策講座(イラストレーター)

ACAのテスト科目である「Graphic Design & Illustration Using Adobe Illustrator CC」の合格を目指す方の対策講座です。

Adobe Illustrator CCの基本操作から始め、仕事に役立つ各機能を実際にPCを使ったトレーニングを行いながら習得していきます。

最後のレッスンでは模擬試験を受けていただき、筆記試験と実技試験の解説をおこないます。

講座名 ACA取得対策講座(イラストレーター)
学習時間 15時間(3時間×5回)
OS Windows/Macintosh
(模擬試験はWindows)
教材 スクールオリジナルテキスト
価格 48,000円(税込 51,840円)
レッスン受講料+テキスト代
※ACA受験料は含みません。受験には別途受験料(10,584円:税込)がかかります。
内容 この講座では以下のレッスンが受講できます。
  • イラストレーター入門
  • イラストレーターA
  • イラストレーターB
  • イラストレーターC
  • 試験対策(イラストレーター)
各レッスンの詳細はこちらをご覧ください
受講日 各レッスンとも下記スケジュールからご都合に合わせてお選びいただけます。
スケジュールを見る

ACA取得対策講座(イラストレーター)に申込む

ACA取得対策講座(フォトショップ)

ACAのテスト科目である「Visual Design using Adobe® Photoshop CC」の合格を目指す方の対策講座です。

Adobe Photoshop CCの基本操作から始め、仕事に役立つ各機能を実際にPCを使ったトレーニングを行いながら習得していきます。

最後のレッスンでは模擬試験を受けていただき、筆記試験と実技試験の解説をおこないます。

講座名 ACA取得対策講座(フォトショップ)
学習時間 15時間(3時間×5回)
OS Windows/Macintosh
(模擬試験はWindows)
教材 スクールオリジナルテキスト
価格 48,000円(税込 51,840円)
レッスン受講料+テキスト代
※ACA受験料は含みません。受験には別途受験料(10,584円:税込)がかかります。
内容 この講座では以下のレッスンが受講できます。
  • フォトショップ入門
  • フォトショップA
  • フォトショップB
  • フォトショップC
  • 試験対策(フォトショップ)
各レッスンの詳細はこちらをご覧ください
受講日 各レッスンとも下記スケジュールからご都合に合わせてお選びいただけます。
スケジュールを見る

ACA取得対策講座(フォトショップ)に申込む

レッスン内容詳細
(イラストレーター)

イラストレーター入門

初回に受講していただく「入門」のレッスンでは、イラストレーターを初めて使う方向けに、このソフトで何ができるのか?を広くご紹介していきます。
このレッスンだけでもある程度簡単な作品は作れるようになります。

▼内容を詳しく見る

画面構成とツールの紹介

イラストレーターの画面を実際に操作しながら、各部の役割を説明します。

基本図形の描画

基本図形の描画

四角形や円形といった基本図形の描画を学習します。
イラストレーターでは図形をフリーハンドで感覚的に描く方法から数値を指定して厳密に描いていく方法まで様々な作り方があるんです。

基本図形と侮るなかれ、これをマスターすることが、イラスト描画や図面を描いていく仕事の第一歩になるのです!

オブジェクトの編集

描いた図形に対して色を付けたり、枠線を設定する方法を学びます。

殺風景だった図形がどんどんグラフィカルに変化していきます。

図形を組み合わせてイラストを描く

丸だけで描いたくま

おばけのイラストを作成しながら、図形オブジェクトの編集方法を覚えます。

長方形や三角形、円形のサイズを変えたり、回転機能で角度を変え、同じパーツを複製しながらイラストの完成を目指します。

個々ではただの基本図形だったものが、組み合わさることで絵になっていく瞬間はなかなか感動です。

文字の入力

文字の扱いいろいろ

作品中に文字を入力していきます。

文字の基本的な入力方法から、サイズの変更、フォントの指定のほか、文章を波型に入力していく方法もご紹介します。

イラストレーターでの文字の扱いはものすごく奥が深いので、後半のレッスンでも細かい部分をご紹介する予定ですが、基本的な文字入力はここで覚えてしまいましょう。

写真の配置

写真を配置したチラシ

ここまで学習している基本図形+文字に写真の読み込みができるようになると、チラシのレイアウトが行えるようになります。
ここでは、写真素材を取り込んで、ケーキショップのオープンチラシのレイアウトにチャレンジします。

写真の取り込み方法をはじめ、写真を丸く切り抜く方法、各オブジェクトの前後順の入れ替えなどなど、レイアウト作業の基本部分をご紹介していきます。

イラストレーターだからこそできる自由なレイアウトをここで体感しましょう。

▽このレッスンで学べること

  • 新規ファイルの作り方
  • 画面のズームとスクロール
  • 基本図形の描画
  • 線と塗りの指定
  • 拡大縮小・回転・複製・反転・グループ化
  • 文字の入力とフォント指定
  • 写真の配置と切り抜き
  • ファイルの保存

イラストレーターA

「A」のレッスンでは、「自由なイラストを描く」をテーマに基本図形だけでは描けない複雑なイラストの描き方を練習します。

▼内容を詳しく見る

基本図形を組み合わせる

基本図形の組み合わせ

四角形や円形だけでは描けないイラストも、それらの基本図形を合体したり分割したりすることで描ける場合もあります。

イラストレーターには、そういった図形の「合体」や「分割」を行うための機能が搭載されており、使い方をマスターすることでグッと画像表現の幅が広がります。

ペンツールによるトレース作業

ペンツールによるイラスト描画

ペンツールは、少しクセのあるツールですが、マスターするとイラストレーターで思い通りの線が描けるようになります。
ただ、独学で習得が難しいツールでもあります。

このレッスンではたっぷりと時間をとってペンツールの使い方をじっくりと練習していきます。上手に描くためのコツをつかみましょう。

このホームページでも使用している↓の鳥のイラストは、このペンツールで描いています。

ペンツールで描いた鳥

▽このレッスンで学べること

  • 複数図形の合体・分割(パスファインダー機能)
  • パターンの適用と編集
  • データに階層を持たせるレイヤー機能
  • ペンツールによるイラスト描画

イラストレーターB

「B」のレッスンでは地図の作成、デスクトップ壁紙の作成、Webバナーの作成を行います。

▼内容を詳しく見る

地図の作成

地図の作成

目的地への案内地図を描きます。
地図には、道路や建物、場所によっては川や線路など様々な要素が盛り込まれます。

このような複雑なデータを作成する場合に便利なレイヤーという機能を利用して地図を描いていきます。
レイヤーは地図だけでなく、様々な作品で活用できる機能なのでバッチリマスターしていきましょう。

デスクトップ壁紙の作成

ブレンドとグラデーション

パソコンのデスクトップ背景に使える壁紙を作成します。

この作品を通してグラデーションの作成方法、ブレンドツールを使っての模様の描き方を学習します。
グラデーションは、イラストの中で使用すると立体表現にも使うことができるんですよ!

Webバナーの作成

バナーの作成

ここではアートボードの複製作成機能を使ってサイズ違いのバナーを同時進行で作成していきます。
授業ではバナーを作成しますが、同じテクニックで印刷デザインでも同じ素材を使いまわす店頭ポップ、チラシ、DMの同時作成などが行えるようになります。

また、文字1つ1つのサイズや角度を自在に変えて文章に変化をつけられるツールもご紹介します。

▽このレッスンで学べること

  • 地図の描き方
  • アピアランス機能で線路を描く
  • 線を図形に変換する(パスのアウトライン)
  • 目的別のファイル保存方法
  • グラデーションの適用と作成・編集
  • ブレンドツールによる中間形状の生成
  • オブジェクトに影を付ける(ドロップシャドウ)
  • 複数のアートボードを使った制作

イラストレーターC

「C」のレッスンは、「文字の扱い」がテーマ。名刺とカフェメニューの作成を通して文字の細かい扱い方を学びます。

▼内容を詳しく見る

名刺の作成

名刺の作成

イラストレーターは、紙面の内外問わず好きなところに文字を配置することができます。
自由に配置できる反面、決まったフォーマットでピタッと文字を揃えたい場合には少しコツが必要です。

ここでは、名刺の作成を通してガイドの扱い方、文字入力の基本と編集を学習します。

また、印刷会社へデータを入稿する際に必要なトンボのつけ方もご紹介します。

ランチメニューの作成

ランチメニューの作成

カフェのお店で使うランチメニューの作成を通して文字をより美しく配置していく方法を学習します。

印刷会社への入稿ではなく、お持ちのプリンタから出力することを想定して注意点もお話していきます。

オフィス系のソフトでは出しづらい、ちょっとおしゃれな雰囲気に仕上げます。

▽このレッスンで学べること

  • ガイドの作成
  • トンボの作成
  • 文字の入力と編集
  • 文字のツメと行送り
  • 文字のアウトライン化
  • ブラシパネルの利用
  • エリア内に文字を流し込む
  • タブのコントロール
  • スポイトツールの活用

試験対策(イラストレーター)

試験対策(イラストレーター)は、実際の試験を想定して模擬試験をおこない、その答え合わせと解説をおこなっていきます。

▼内容を詳しく見る

筆記問題(25問)

ACAの試験では筆記問題(選択式)と実技問題が混在しています。

試験の出題はツールアイコンの名前を問うものからベジェ曲線の構造に関する問題、はてはデザインプロジェクトの業務内容に関する問題まで多岐にわたります。

この広い出題範囲からまんべんなく作成した問題25問をここでは解いていただきます。

実技問題(15問)

ACAではAdobe Illustratorを模したシミュレーター上で実技問題に解答します。

試験で使われるIllustratorのバージョンはCC2015であるため、ここでの実技問題もIllustrator CC2015で操作していただきます。

解答と解説

講師による答え合わせとデモンストレーションを交えた解説をおこないます。

実際のアプリケーション上では複数の操作方法が考えられる問題も試験システムのクセによって正解が絞られる場合があります。そういったシステムのクセも含めた学習ポイントをお話していきます。

レッスン内容詳細
(フォトショップ)

フォトショップ講座の4回のレッスンでは、それぞれ以下のような内容が学べます。

フォトショップ入門

初回に受講していただく「入門」のレッスンでは、フォトショップを初めて使う方向けに、このソフトで何ができるのか?を広くご紹介していきます。
このレッスンだけでもある程度フォトショップが扱えるようになります。

▼内容を詳しく見る

画面構成とツールの紹介

フォトショップの画面を実際に操作しながら、各部の役割を説明します。

明るさの補正

明るさの補正

写真の補正作業の中でも非常に頻度の高い「明るさ」の補正を練習します。

フォトショップには、明るさを補正するための機能がたくさん搭載されていますが、ここでは比較的簡単に扱えるメニューを使って作業を行います。
自分自身の手によって写真が美しくなっていくのを実感してみましょう。

不要物の除去

不要物の除去

撮影した写真に望まないものが写りこんでしまったり、スキャナーで取り込んだイラストの下書きに汚れが付着したり…

「これ消したい」と思った時にフォトショップにはこれらを簡単に除去できる機能があるんです。ほんの少しの操作でおどろくほどあっさりと消せますよ。

レイヤー機能を知る

フォトショップを扱う上では、どうしても外せない「レイヤー機能」

このレッスンでは、レイヤーとは何か?を知っていただき、レイヤーの扱い方の基本を練習していただきます。

選択範囲の扱い

選択範囲の扱い

フォトショップで行う補正や修正は基本的に写真全体にかかってしまいます。

写真の一部に対して作業を行う場合、選択範囲を作成することになります。

やはり選択範囲を作成する機能もフォトショップには多数用意されていますが、このレッスンでは入門者が扱いやすい選択範囲作成のツールをご紹介します。

デジタル画像の基礎知識

デジタル画像の基礎知識

パソコンで画像を扱う際に知っておかなければならない「カラーモード」と「解像度」

これらの知識を身に着けないままフォトショップを使っていると、印刷した写真が粗くぼやけてしまったり、思った通りの色が出なかったり……

ここはパソコンの操作というよりは座学部分になりますが、フォトショップを扱う上で非常に大切な知識になります。しっかりと学んでおきましょう。

ペイント

イラストへのペイント

スクールで用意したイラストの下書きを使って、フォトショップでの着色を練習します。

フォトショップでイラストを描く予定のない方も、ここで利用する選択範囲の作成やレイヤーの扱いはフォトショップでの作業全般で利用するものばかりです。

▽このレッスンで学べること

  • 画面のズームとスクロール
  • 明るさ・コントラストの調整
  • スポット修復ブラシツールによる不要物の除去
  • レイヤーの扱い方
  • 選択範囲の作成と保存
  • カラーモードと解像度
  • ブラシツールと消しゴムツール
  • グラデーションでの塗りつぶし
  • 画像のぼかし
  • ファイルの保存

フォトショップA

「A」のレッスンでは、「色の扱い」をテーマに色の基本知識から写真の色調の補正までを徹底的に練習します。

▼内容を詳しく見る

カラーモード

基本図形の組み合わせ

印刷で扱うCMYK、Webで扱うRGBの2つのカラーモードを中心に色についての基本知識を学びます。

色同士の関係を知っておくことで、この後の色調補正を正しく行うことができるようになります。

色の補正

色の補正

カメラで撮影した写真は撮影時の場所、時間帯、天気などの影響を受けて正しい色で写らない場合があります。

夕方に撮影した写真がオレンジ色になる現象もその1つです。

そういった撮影時の「色のズレ」を直すのが色調補正です。

このレッスンでは、フォトショップの持つ色調補正の機能をたくさんの写真素材を使って練習していきます。

これをマスターできれば、一見撮影失敗の写真でも、立派な素材として利用できることも……!?

詳細な選択範囲の作成

半透明の選択範囲

フォトショップが持つ選択範囲作成のためのツールは大変優秀ですが、写真によってはツールだけでは正確な選択範囲が作れないこともあります。

クイックマスクという機能を利用することで、細やかな選択範囲の作成、選択範囲のぼかし、半透明の選択範囲の作成などツールでは実現の難しい選択範囲を作成することができます。

このレッスンでは、そのクイックマスク機能を利用して幻想的な写真の仕上げ作業を行います。

▽このレッスンで学べること

  • CMYKとRGBの理解
  • チャンネル
  • カラーモードの変換
  • 調整レイヤー
  • カラーバランス
  • レベル補正
  • 色相・彩度
  • レンズフィルター
  • グレースケール画像の作成
  • クイックマスクモード
  • 半透明の選択範囲

フォトショップB

「B」のレッスンでは写真に対する修正、加工、特殊効果のかけ方をご紹介します。元データをガラッと印象の違うものに変えることができます。

▼内容を詳しく見る

写真の修正加工

写真の一部を除去する

入門で行った「不要物の除去」をさらに発展させ、画面内の大きな不要物を除去する方法をご紹介します。

この機能を利用すると、写真の幅や高さが足りない場合に、自動的に画像を作り足すことができるようになります。

画像のトリミングとリサイズ

写真のトリミング

画像の必要部分だけを切り抜く作業を「トリミング」と呼びます。

トリミングには、ツールを利用した方法、画像を開いている作業エリア(カンバス)を調整する方法などいくつかの方法がありますので、それぞれ練習していきます。

また、写真内のメインの被写体はそのままに、背景部分だけを引き延ばすちょっと特殊なリサイズ方法もご紹介します。

画像の切り抜き

画像の切り抜き

前述のトリミングは写真の一部を四角く切り出す作業でしたが、ここでは写真内の被写体を被写体の形状で切り出す方法を練習します。

写真内から被写体の形状で切り出しが行えるようになると、成果物の完成度がグッと高くなります!

画像の編集

写真にスピード感を出す

ピンボケ気味の写真をクッキリさせたり、逆に背景にぼかしをかけて画像に奥行きを出したりする加工を練習します。

他にも写真を絵画のように変身させたり、動きを感じない写真にスピード感を持たせたりと、自分のイメージ通りのグラフィックを作るための方法をご紹介します。

▽このレッスンで学べること

  • スポット修復ブラシツール
  • 「コンテンツに応じる」機能による不足部分の復元
  • ヒストリーブラシツール
  • 切り抜きツール
  • カンバスサイズの変更
  • 背景を透明にする
  • 輪郭をトレースして被写体を切り出す
  • スマートオブジェクト
  • シャープネスによるピンボケ写真の修正
  • ぼかしによる写真の奥行き感の演出
  • ぼかしによる写真へのスピード感の追加
  • ゆがみ
  • パペットワープ

フォトショップC

「C」のレッスンでは、2つの合成写真を作成します。複数の写真素材から作成される作品はあなたのデザインの幅をぐっと広げてくれます。

▼内容を詳しく見る

影の作成

グラフィックに影をつける

レイヤー単位で装飾を適用できる「レイヤースタイル」を使って画像内に影を作成します。

この機能を利用することでデザインが立体的になり、単調なイメージを無くすことができます。

影の向き、距離、色、濃さなどを後から調整できる方法での作成となります。

ベベルとエンボスを使った立体表現

ベベルとエンボス

レイヤースタイルのひとつである「ベベルとエンボス」機能を利用するとレイヤー内のシェイプにハイライトとシャドウを加えて立体表現を作り出すことができます。

ここでは3つのシェイプにそれぞれベベルとエンボスを加え、封蝋の作成を行います。

飾り文字の作成

飾り文字の作成

フォトショップで入力した文字の装飾はレイヤースタイルで行います。

文字に境界線やグラデーションを追加して装飾文字を作成します。

境界がはっきりしない切り抜き

複雑な形状の切り抜き

毛で覆われた動物のように境界がはっきりしない被写体を切り抜くにはコツがいります。

ここではPhotoshopの「境界線を調整」機能を利用して細かい写真の切り抜きを行います。

▽このレッスンで学べること

  • ガイドの作成
  • トンボの作成
  • 文字の入力と編集
  • 文字のツメと行送り
  • 文字のアウトライン化
  • ブラシパネルの利用
  • エリア内に文字を流し込む
  • タブのコントロール
  • スポイトツールの活用

試験対策(フォトショップ)

試験対策(フォトショップ)は、実際の試験を想定して模擬試験をおこない、その答え合わせと解説をおこなっていきます。

▼内容を詳しく見る

筆記問題(25問)

ACAの試験では筆記問題(選択式)と実技問題が混在しています。

試験の出題はツールアイコンの名前を問うものからカラーモードや解像度の知識を求めるもの、はてはデザインプロジェクトの業務内容に関する問題まで多岐にわたります。

この広い出題範囲からまんべんなく作成した問題25問をここでは解いていただきます。

実技問題(15問)

ACAではAdobe Photoshopを模したシミュレーター上で実技問題に解答します。

試験で使われるPhotoshopのバージョンはCC2015であるため、ここでの実技問題もPhotoshop CC2015で操作していただきます。

解答と解説

講師による答え合わせとデモンストレーションを交えた解説をおこないます。

実際のアプリケーション上では複数の操作方法が考えられる問題も試験システムのクセによって正解が絞られる場合があります。そういったシステムのクセも含めた学習ポイントをお話していきます。

レッスン受講の流れ

ACA取得対策講座では、最初に「入門」を受講していただいた後は「A」「B」「C」のレッスンを好きな順序で受講していただき、最後に「試験対策」を受講していただくのがおススメです。

受講の流れ

上記は一例です。「A」「B」「C」はお好きな順序でご受講ください。

お申込み

ACA対策講座(イラストレーター)

講座名 ACA対策講座(イラストレーター)
学習時間 15時間(3時間×5回)
OS Windows/Macintosh
(模擬試験はWindows)
教材 スクールオリジナルテキスト
価格 48,000円(税込 51,840円)
レッスン受講料+テキスト代
※ACA受験料は含みません。受験には別途受験料(10,584円:税込)がかかります。
内容 この講座では以下のレッスンが受講できます。
  • イラストレーター入門
  • イラストレーターA
  • イラストレーターB
  • イラストレーターC
  • 試験対策(イラストレーター)
各レッスンの詳細はこちらをご覧ください
受講日 各レッスンとも下記スケジュールからご都合に合わせてお選びいただけます。
スケジュールを見る

ACA対策講座(イラストレーター)に申込む

ACA対策講座(フォトショップ)

講座名 ACA対策講座(フォトショップ)
学習時間 15時間(3時間×5回)
OS Windows/Macintosh
(模擬試験はWindows)
教材 スクールオリジナルテキスト
価格 48,000円(税込 51,840円)
レッスン受講料+テキスト代
※ACA受験料は含みません。受験には別途受験料(10,584円:税込)がかかります。
内容 この講座では以下のレッスンが受講できます。
  • フォトショップ入門
  • フォトショップA
  • フォトショップB
  • フォトショップC
  • 試験対策(フォトショップ)
各レッスンの詳細はこちらをご覧ください
受講日 各レッスンとも下記スケジュールからご都合に合わせてお選びいただけます。
スケジュールを見る

ACA対策講座(フォトショップ)に申込む

▲トップ

無料体験へのお申込み

バンフートレーニングスクールでは3種類の無料体験をご用意しております。
ご希望の体験を選択していただくと詳細とお申込みのページへ移動します。

ポストカード制作

イラストレーターとフォトショップを使ってのポストカード制作体験です。作成したポストカードはお持ち帰りいただけます。

パンフレット制作

インデザインを使ってのパンフレット制作体験です。文字と画像の流し込みからページ番号設定、文字への装飾まで行います。

ホームページ制作

WindowsやMacintoshでHTMLを記述してホームページを作成します。ページの基本である文字、画像、リンクの設定を行います。

資料のご請求

スクールのパンフレットを画面上でご覧いただけます。

パンフレット(PDF)を今すぐ見る

パンフレットの郵送をご希望の方は以下のフォームよりご請求ください。

お名前必須
フリガナ必須
ご住所必須
-
メールアドレス必須
備考

下記、プライバシーポリシーをお読みいただき、ご同意いただいた上で次の画面にお進みください

プライバシーポリシーを開く

同意して次へ